スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

頂上への道




第5回

●テニスがへたくそな筆者が頂上を目指すコラム

第5回は、『ストローク(テイクバック編)』

さて、第5回目はテイクバックについてです。

これも一丁一端ではできない技術で、俺もかなり苦労してるところです。

テイクバックは、球を打つための準備なので、テイクバックをいかに早くするかが、正確なストローク

を打つためには必須になります。

今まで、打点について話をしましたが、テイクバックができなければ打点もなにもありません。

テイクバックってそんなに難しいの?って思った人、ではものすごく早い球が来たときはテイクバックを

して力強い球で返せるでしょうか?

恐らくテイクバックする暇も無く当てて返すだけになるでしょう。

甘い球が返り、相手にチャンスをいっぱい与えてしまうので、ボロボロにされます。

左右に振られたとき、前後に振られたときにテイクバックをして打てるでしょうか??

恐らく、球に追いつくのに精一杯で、テイクバックせずに当てて返すので球が浮いて叩かれて

終わるでしょう。

では、テイクバックはどの時点で完了してなければならないのでしょう。

基本的に、相手の球はネットを越えた時点でフォアかバックがわかります。

その時点でテイクバックを開始し、ボールが跳ねる時点ではすでにテイクバックは終わってなければ

恐らく間に合わないでしょう。

スクールでよくみかける中級者などは、球が跳ねて向かってきてからテイクバックを始める人が

少なくありません。

当然そういう人は、ひたすら当てて返しています。

間に合わないのでそうせざるを得ないんでしょう。

球が跳ねて向かってくる前にはテイクバックを終えていて、あとは打つだけにしておけば、打点を

意識する余裕もあるので、スイートスポットにしっかりあてて視線を残した状態で正しいフォームで

返すことが可能になるので、是非ともテイクバックは早めにというのを意識してみてください。


次回へ続く







theme : テニス
genre : スポーツ

頂上への道

第4回

●テニスがへたくそな筆者が頂上を目指すコラム

第4回は、『ストローク(視線残し)』

視線残しとはどういうことか。

打点で球をとらえることを『インパクト』といいますが、要は、インパクトの瞬間をしっかりみるという

ことです。

簡単に言えば、球がラケットに当たる瞬間をみるということですね。

視線を残すことにはいくつかの理由があります。

まずは、

●ラケットの真ん中にボールが当たるようにする。

当然、ラケットの真ん中にボールが当たったほうが力を入れなくてもボールは飛んでいきます。

逆に、ラケットの真ん中に球が当たらないと、手に無駄な負荷がかかり、ボールを打った時に

手が痛くなって手首を壊したり肩を壊す原因にもなるので、できるだけ真ん中に当たるようにします。

ただ、ど真ん中ということになるとなかなか難しいので、スイートスポットというエリアに球が

あたるようにする意識で見てもらえばいいと思います。

球を打つ時にちゃんと見てるよ、という人多いと思いますが、多分見てません。

じゃあどうやってるかというと、恐らく、ボールが跳ねて向かってくるところまではみてるかも

しれませんが、当たる瞬間まで球をみてることはなく、打つ瞬間は相手のコートをみてる人が

多いんじゃないかと思います。

それは何故そうなるかというと、打った球をどこへ運ぼうかと意識するからです。

アウトしないようにしよう、相手の打ちやすい方へ打とう、相手の打ちにくいところへ打とう、左右に

打とうなどなどがその原因です。

しかし、球がスイートスポットに当たらなければ球をどこへ運ぼうとかいう以前にちゃんとした球を

返すことができません。

打点に視線を残す理由の二つ目ですが、

●打つ姿勢の維持

打点に視線を残すことで、打つ姿勢を維持することが容易になります。

打つ瞬間に相手コートを見たりすると、当然スイートスポットに当たりにくいのもありますが、

体が持ち上がり、あごが上に上がり、フォームが崩れる原因になります。

打点に視線を残すことで、あごを引いた状態で、フォームを保ったまま、スイートスポットに当てて、

安定したストロークを行うことができます。

是非意識してみましょう。

次回へ続く

theme : テニス
genre : スポーツ

頂上への道

第3回

●テニスがへたくそな筆者が頂上を目指すコラム

第3回は、『ストローク(打点編)』

さて、じゃあ具体的にストロークはどう打てばいいのか、ということで、しばらくはストロークだけに

絞って話をしてみることにします。

今回は、『打点』についてです。

打点と言うのは、ラケットでボールを打つ点のことです。

グリップによって打点と言うのは変わってきます。

厚いグリップほど打点は体の前になり、薄くなっていくほど手前になっていきます。

グリップに合わせた打点できちんととらえなくても打ち返すことはできます。

しかし、無駄な負荷がかかって手首を傷めたり、自分の思う方向に飛んでいかなかったり、

試合をやるのであれば力強い球を打つことができないので、打点はしっかり意識するようにしましょう。

では、具体的に打点がどこなんだろうということですが、まず、グリップを決めましょう。

グリップを決めたら、ボールを打つ瞬間の位置でとめて、その状態で誰かにラケットの面を押してもらってください。

押してもらった時に、その押されてる力に負けないように押し返してみましょう。

その、押し返してみる時に一番力の入る位置が、『打点』になります。

同じグリップでも人によって打点は違います。

いろいろ試してみて自分の打点を探してみましょう。


次回へ続く

theme : テニス
genre : スポーツ

頂上への道

第2回

●テニスがへたくそな筆者が頂上を目指すコラム

第2回は、『ストローク』

テニスの基本、フォアハンドのグランドストローク。

とりあえず、これができればテニスができるといっていい一番基本の打ち方です。

一番基本ではあるけれど、じゃあちゃんとストロークがみんな打てるのかといえば、

恐らく、中級者と呼ばれる人ですら正確なストロークを打てる人は少ないと思う。

いや、言い方を変えるなら、とりあえず打ち返せるから中級者ぶってる中級者が世の中には

ものすごく多いような気がする。

何故そう思うのかというと、テニスのスクールに通ってみるとそれがとてもよくみてとれる。

中級レベルといわれるコースにいる人の打ち方を見ていればわかるが、ストロークの基本と

いうのは、まず打点、体の前でインパクト。

次に、体重移動(加重移動)、右足に体重を乗せてから左足に抜ける。

その次は体重移動の際に膝をしっかり曲げる。

それができたらインパクト後のフォロースルーをしっかりとる。

フォロースルーをした後はすばやくレディーポジションに戻る。

というような一連の流れがきちんとできているのが『ストローク』なのだが、スクールで

よくみかける中級者というのは、面をボールに合わせて当てるだけ。

相手からのボールが弱いとただ当てるだけではネットを越えないのでネットを越える程度の

力加減で振る、でもボールの行き先をコントロールしようとするからフォロースルーを途中で

止める。

こういううち方はミスのない打ち方なので確かに正確に相手コートにボールを運ぶことが

できます。

それで十分楽しいからいいじゃんっていうのであればそれはその人のスタイルなのでいいと

思いますが、お金を払ってスクールに通っていても恐らくそういう人はうまくはならないでしょう。

また、相手がうまい人になったら、スピードの強弱、前後左右に振られただけで全く打ち返すことが

できなくなってしまうとおもいます。

ただラケットにボールを当てて返すだけでも球は返るため、ストロークを勘違いしてる人が多い気が

たまにします。

せっかくやるならきちんとしたフォーム、正確なストロークを打てるように努力したいと俺は常々

思って練習をしています。

次回へ続く


theme : テニス
genre : スポーツ

頂上への道

第1回

●テニスがへたくそな筆者が頂上を目指すコラム

第1回めは、グリップの謎。

グリップにはさまざまな種類がある。

●コンチネンタルグリップ

●イースタングリップ

●セミウェスタングリップ

●ウェスタングリップ

この4種類があり、フォアとバックとあるわけだが、コンチネンタルグリップは共通なので、

全部で7種類のグリップがあるということになる。

しかし、世の中にはこれ以外のグリップを使っている人もいるらしい。

例えば、名前がついているところでいえば、『フルウェスタン』や『エクストリームウェスタン』

などがそれにあたる。

それ以外にも、イースタンとセミウェスタンの間のグリップだったり、セミウェスタンとウェスタンの

間のグリップだったり・・・・・・。

基本として、わかりやすく指標としてグリップに名前がついているわけだが、要は、慣れてきたら

『ノーグリップ』が正しいのではないのだろうかとふと思った。

打点が近すぎた、というときに、普段はウェスタンでも状況によってはコンチネンタルでストロークを

打ったり、それこそ、ロブをあげられて間に合わない場合などは、バックハンドのグリップでフォアを

打っても全然構わないんじゃなかろうか。

思いっきり差し込まれたときはラケットの面は上を向いていた方がいいに決まってるわけだからねえ。

そう考えると、ありとあらゆるグリップをマスターするのが最終的にはより最強に近づくための方法

なのかなあ~。


次回へ続く


theme : テニス
genre : スポーツ

カテゴリ
プロフィール

テニスサークル NTC(南松庭球倶楽部)

Author:テニスサークル NTC(南松庭球倶楽部)



NTCのページへようこそ☆

初中級者を中心とした

テニスサークルです。

所属人数は約30人前後です。

基本は楽しく

ワイワイテニスをやろうというのが

コンセプトなので、

部活のようなハードな練習や

ひたすら技術を求めて

うまくなりたい人、

中、上級者の人など

には物足りない

かもしれませんが

不定休だから

毎週参加できないけど

ちょっとずつうまくなりたいとか

とにかく

みんなで楽しくやりたいという

人には居心地のいい場所だと
 
思います。

土曜日の19時~22時まで

やってます。

メールはこちら
0263-26-1083(電話番号)


松本市でやっている

『なんなんホーム』という

施設の中に所属している

サークルですので

サークルに入ってみたい方は

(年齢制限あります!35歳まで)

まず『なんなんホーム』に問い合わせてください。

場所は

南松本駅のすぐ近くの

『なんなん広場』

という建物の裏手にある

体育館でやっています。

上記のメールアドレスまたは

電話にて連絡の上

来てください。

最新記事
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。