スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テニスのルールについて

☆得点と失点 


●サービスのボールが直接レシーバーのラケットに当たった場合  

サーバー側の得点(レシーバー側の失点)になります。

レシーバーの身体、着衣に当たった場合も同じです。

●インプレー中に、ラケット、身体、着衣などがネットに触れてしまった場合  

このプレーヤーの失点となります。これを「タッチネット」といいます。

自分から触れたのでなくても、インプレー中に風でそよいだネットが触れた場合にもタッチネットになります。

また かぶっている帽子が風に飛ばされてネットに触れた時もタッチネットになります。

スマッシュ、ストロークの時など、勢いがあまって、打球後、ラケットが手からスッポ抜けて

ネットに当たってしまった場合も同じです。

このとき、ラケットがネットに当たった方が早かったか、そのボールがエースとなってポイントが

決まった方が早かったで、タッチネットになるかどうかが決まります。

ラケットがネットに当たったほうが早かったのならタッチネットとなります。

●インプレー中に手に持っていたボールがころがって、ネットに触れたりした場合

タッチネットになります。

●故意に2度以上打ってしまったりした場合=2度打ち   

2度打ち(ダブルヒット)として、そのプレーヤーの失点となります。

ただし一動作(ワンアクション)の間でならば故意とはとられず、有効な打球となります。

●インプレー中のボールがネットを越えないうちにボレーしてしまった場合

その打点(ラケットとボールが接触した空間の地点)が相手のコート内であったときには失点となります。

その打点が自分のコート内であって、その後のフォロースルーでネットを越えたのであれば有効です。

●勢いあまってラケットが相手のコートに入ってしまった場合 

ボールが相手コートに決まった(エース)後にラケットがコート面に落ちたのであれば自分の得点となります。

しかし、ポイントが決まるより先にラケットが落ちたのであれば失点となります。

●ラケットを投げてボールに当てた場合

ボールが相手のプレーヤーのコート内に入る、入らないに関係なく失点になります。

●ネット上縁をボールが転がっているような場合、このボールを打ったプレーヤーは?   

ラケットや身体がネットに触れなくても、このボールを打ったプレーヤーの失点となります。
スポンサーサイト

theme : テニス
genre : スポーツ

comment

管理者にだけメッセージを送る

カテゴリ
プロフィール

テニスサークル NTC(南松庭球倶楽部)

Author:テニスサークル NTC(南松庭球倶楽部)



NTCのページへようこそ☆

初中級者を中心とした

テニスサークルです。

所属人数は約30人前後です。

基本は楽しく

ワイワイテニスをやろうというのが

コンセプトなので、

部活のようなハードな練習や

ひたすら技術を求めて

うまくなりたい人、

中、上級者の人など

には物足りない

かもしれませんが

不定休だから

毎週参加できないけど

ちょっとずつうまくなりたいとか

とにかく

みんなで楽しくやりたいという

人には居心地のいい場所だと
 
思います。

土曜日の19時~22時まで

やってます。

メールはこちら
0263-26-1083(電話番号)


松本市でやっている

『なんなんホーム』という

施設の中に所属している

サークルですので

サークルに入ってみたい方は

(年齢制限あります!35歳まで)

まず『なんなんホーム』に問い合わせてください。

場所は

南松本駅のすぐ近くの

『なんなん広場』

という建物の裏手にある

体育館でやっています。

上記のメールアドレスまたは

電話にて連絡の上

来てください。

最新記事
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。