スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テニスのルールについて

サーブ後の進め方

サーブ、レシーブとボールが打ち返されれば、その後はボールをお互いに打ち返しあいます。

このボールを打つことをストロークと言い、ストロークの繰り返されている状態をラリーと言います。

ストロークには以下の4種類があります。




●グランドストローク(略して単に『ストローク』と呼ぶことが多い)

ワンバウンドしたボールを打つショットを総称してこう言います。

●ボレー

ボールが着地する前に(ノーバウンドで)打ち返すことを言います。

●スマッシュ

高い位置にあるボールを叩きつけるように打つことを言います。

「粉々にする」という意味があり、強く激しいショットです。

●ロブ

相手の頭上を越えるようにボールを打つことを言います。




ストロークで打ち返すボールは手に握っているラケットであれば、ストリングの部分だけでなく、

フレームやグリップに当たって打ち返されても問題はありません。

しかし、投げるなど、手に握られていない状態のラケットであれば、

仮にボールが打ち返されたとしても、相手のポイントとなります。

ボールを打ち返すのは、相手が打ったボールがネットを越えてからでないといけません。

ネットを越える前に打ち返してしまうと相手のポイントとなります。

また、故意にラケットでボールを運んだり、2回以上のスイングでボールを返してもいけません。

1ストロークではラケットにボールが触れるのは1度だけというのが原則になります。

サーブの場合はボールがネットなどに当たればフォールト、もしくはレットとなりますが、

ストロークの場合はボールがネットなどに当たっても、相手コートの領域内に落ちれば有効とみなされ、プレーは続行されます。
スポンサーサイト

theme : テニス
genre : スポーツ

comment

管理者にだけメッセージを送る

カテゴリ
プロフィール

テニスサークル NTC(南松庭球倶楽部)

Author:テニスサークル NTC(南松庭球倶楽部)



NTCのページへようこそ☆

初中級者を中心とした

テニスサークルです。

所属人数は約30人前後です。

基本は楽しく

ワイワイテニスをやろうというのが

コンセプトなので、

部活のようなハードな練習や

ひたすら技術を求めて

うまくなりたい人、

中、上級者の人など

には物足りない

かもしれませんが

不定休だから

毎週参加できないけど

ちょっとずつうまくなりたいとか

とにかく

みんなで楽しくやりたいという

人には居心地のいい場所だと
 
思います。

土曜日の19時~22時まで

やってます。

メールはこちら
0263-26-1083(電話番号)


松本市でやっている

『なんなんホーム』という

施設の中に所属している

サークルですので

サークルに入ってみたい方は

(年齢制限あります!35歳まで)

まず『なんなんホーム』に問い合わせてください。

場所は

南松本駅のすぐ近くの

『なんなん広場』

という建物の裏手にある

体育館でやっています。

上記のメールアドレスまたは

電話にて連絡の上

来てください。

最新記事
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。