スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

頂上への道 



第9回





第9回めは、『ボレーについて』

ボレーは、ストロークと違い、球を受ける位置が近いため、

球速が速いのと、ダイレクトで受ける為、正確に球をラケット面に

当てにくいので、ストロークよりは若干難しく感じて苦手意識を

持つ人がいたりするショットです。

また、軟式あがりのプレイヤーからすると、やり方が全く違う

ため、その点からも苦手意識を持つ人がいるようです。

硬式のボレーは、まず、グリップの握りはコンチネンタルグリップ

もしくはイースタングリップになります。

前述したように、球速が速いため、グリップはできるだけ薄い方が

対応しやすくなります。

また、同じ理由で、テイクバックも基本的にはしません。

どうしてもテイクバックしたいという場合はしても構いませんが、

球にすばやく反応するためには余程の身体能力がないと追いつけない

ので、できるだけテイクバックは体の向きを変えるだけに留めて

おいた方が無難でしょう。

さて、ボレーを教わる時によく言われるのが、『ボールを受け止める

ように』というものです。

野球で例えるなら、ストロークはバット、ボレーはグローブという

感じで、ボレーは基本的には球を受け止める感覚で打つのがよいでしょう。

しかし、テニスは、ストロークから入るのが普通なので、ボレーを

練習するときに、ラケットを振るなと言われても、なかなか振らずに

はいられないのが現状のようです。

ボレーは、レディーポジションから、つま先を外側にひらいてラケットをフォア

かバックの方向へ向けたあと、体ごとボールに向かっていってラケットに

球を当てる感じにするのが基本となります。

この際、『ラケットを立てろ』とか、『ガットごしにボールをみるように

打て』とか教わる場合もありますが、実際やってみましょう。

すると、この上なく打ちにくいことがわかると思います。

ラケットは寝かせた方が打ちやすいですし、ガット越しにボールをみるように

打とうとすると、手首が大変なことになります。

レディポジションから自然にラケットを構えてそのまま体でもっていくのが

上達のための第一歩となります。


次回へ続く



     
     
     
     
     

スポンサーサイト

theme : テニス
genre : スポーツ

comment

管理者にだけメッセージを送る

カテゴリ
プロフィール

テニスサークル NTC(南松庭球倶楽部)

Author:テニスサークル NTC(南松庭球倶楽部)



NTCのページへようこそ☆

初中級者を中心とした

テニスサークルです。

所属人数は約30人前後です。

基本は楽しく

ワイワイテニスをやろうというのが

コンセプトなので、

部活のようなハードな練習や

ひたすら技術を求めて

うまくなりたい人、

中、上級者の人など

には物足りない

かもしれませんが

不定休だから

毎週参加できないけど

ちょっとずつうまくなりたいとか

とにかく

みんなで楽しくやりたいという

人には居心地のいい場所だと
 
思います。

土曜日の19時~22時まで

やってます。

メールはこちら
0263-26-1083(電話番号)


松本市でやっている

『なんなんホーム』という

施設の中に所属している

サークルですので

サークルに入ってみたい方は

(年齢制限あります!35歳まで)

まず『なんなんホーム』に問い合わせてください。

場所は

南松本駅のすぐ近くの

『なんなん広場』

という建物の裏手にある

体育館でやっています。

上記のメールアドレスまたは

電話にて連絡の上

来てください。

最新記事
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。