スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

頂上への道

第4回

●テニスがへたくそな筆者が頂上を目指すコラム

第4回は、『ストローク(視線残し)』

視線残しとはどういうことか。

打点で球をとらえることを『インパクト』といいますが、要は、インパクトの瞬間をしっかりみるという

ことです。

簡単に言えば、球がラケットに当たる瞬間をみるということですね。

視線を残すことにはいくつかの理由があります。

まずは、

●ラケットの真ん中にボールが当たるようにする。

当然、ラケットの真ん中にボールが当たったほうが力を入れなくてもボールは飛んでいきます。

逆に、ラケットの真ん中に球が当たらないと、手に無駄な負荷がかかり、ボールを打った時に

手が痛くなって手首を壊したり肩を壊す原因にもなるので、できるだけ真ん中に当たるようにします。

ただ、ど真ん中ということになるとなかなか難しいので、スイートスポットというエリアに球が

あたるようにする意識で見てもらえばいいと思います。

球を打つ時にちゃんと見てるよ、という人多いと思いますが、多分見てません。

じゃあどうやってるかというと、恐らく、ボールが跳ねて向かってくるところまではみてるかも

しれませんが、当たる瞬間まで球をみてることはなく、打つ瞬間は相手のコートをみてる人が

多いんじゃないかと思います。

それは何故そうなるかというと、打った球をどこへ運ぼうかと意識するからです。

アウトしないようにしよう、相手の打ちやすい方へ打とう、相手の打ちにくいところへ打とう、左右に

打とうなどなどがその原因です。

しかし、球がスイートスポットに当たらなければ球をどこへ運ぼうとかいう以前にちゃんとした球を

返すことができません。

打点に視線を残す理由の二つ目ですが、

●打つ姿勢の維持

打点に視線を残すことで、打つ姿勢を維持することが容易になります。

打つ瞬間に相手コートを見たりすると、当然スイートスポットに当たりにくいのもありますが、

体が持ち上がり、あごが上に上がり、フォームが崩れる原因になります。

打点に視線を残すことで、あごを引いた状態で、フォームを保ったまま、スイートスポットに当てて、

安定したストロークを行うことができます。

是非意識してみましょう。

次回へ続く
スポンサーサイト

theme : テニス
genre : スポーツ

comment

管理者にだけメッセージを送る

カテゴリ
プロフィール

テニスサークル NTC(南松庭球倶楽部)

Author:テニスサークル NTC(南松庭球倶楽部)



NTCのページへようこそ☆

初中級者を中心とした

テニスサークルです。

所属人数は約30人前後です。

基本は楽しく

ワイワイテニスをやろうというのが

コンセプトなので、

部活のようなハードな練習や

ひたすら技術を求めて

うまくなりたい人、

中、上級者の人など

には物足りない

かもしれませんが

不定休だから

毎週参加できないけど

ちょっとずつうまくなりたいとか

とにかく

みんなで楽しくやりたいという

人には居心地のいい場所だと
 
思います。

土曜日の19時~22時まで

やってます。

メールはこちら
0263-26-1083(電話番号)


松本市でやっている

『なんなんホーム』という

施設の中に所属している

サークルですので

サークルに入ってみたい方は

(年齢制限あります!35歳まで)

まず『なんなんホーム』に問い合わせてください。

場所は

南松本駅のすぐ近くの

『なんなん広場』

という建物の裏手にある

体育館でやっています。

上記のメールアドレスまたは

電話にて連絡の上

来てください。

最新記事
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。